旅客機まとめ

ひとくちに航空機と言ってもいろんな種類がある。人が乗る有人機と乗らない無人機。エンジンのついてる動力機とついてない滑空機。軍用の軍用機と非軍用の民間機。旅客を目的とした旅客機と貨物を載せるための貨物機。

数ある航空機の中で有人エンジン付き非軍用旅客機をリストアップしてみた。

これらの条件を満たす有史以来に作られた航空機はかなり多岐に渡るため、2017年現在製造中、もしくは発注可能なものを中心に日常的に運用されている機を取り上げた。

Boeing 737MAX / 737NG

初期型のデビューから約半世紀経ったいまも最前線で走り続ける超ベストセラー機。1967年から製造されている初期型(737-100/737-200)はターボジェットエンジンに近い低バイパス比ターボファンエンジンだったが改良が加えられ、現在は高バイパスターボファンエンジンを積んでいる。リージョナルジェット機を除くと最もコンパクトなナローボディターボファン機と言える。

座席は 110~215名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
エンジン
  • CFM CFM56-7B(737NG)
  • CFM LEAP-1B(737MAX)
主なライバル機 Airbus A320neo、Tupolev Tu-204

Airbus A320neo

Boeing 737NGシリーズのライバル機と言えるのがエアバスの A320ファミリー。デビューは 1987年と Boeing 737 より 20年遅れたが優れたエンジン(V2500)を搭載できることもあって世界各国の格安航空会社を中心に非常に人気が高い。

座席は 107(短胴型の A319)~220(長胴型の A321)名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
エンジン
  • CFM CFM56-5(320ceo)
  • IAE V2500(320ceo)
  • CFM LEAP-1A(320neo)
  • P&W PW1100G-JM(320neo)
主なライバル機 Boeing 737MAX / 737NG、Tupolev Tu-204

Tupolev Tu-204

米国ボーイング、欧州エアバスと来れば相応のロシア機もあると考えてよい。Boeing 737NG、Airbus A320neo と同等クラスと言えるのはツポレフ Tu-204 でデビューは A320 の少し後、1994年のことだ。

Tu-204 は双発機だがそのエンジン、PS-90A はイリユーシンの 4発機、Il-96 に搭載されているものとほぼ同じ。ロシア機はこの手のコスト削減アイデアがすばらしい。

座席は 142~210名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
エンジン
  • Soloviyov PS-90A
  • RR RB211
主なライバル機 Boeing 737NG、Airbus A320neo

UAC MS-21

Tu-204の後継機。Yak-242 として開発されていた機体。英語表記は MS-21 だがロシア語の "S" の表記が英語の "C" と似てるため英語圏で MC-21 と呼ばれることもあり(本来は誤表記)、これに合わせて MC-21 と紹介されることもある。

座席は 135(MS-21-200)~230(MS-21-400)名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
エンジン
  • Aviadvigatel PD-14
  • P&W PW1400G
主なライバル機 Boeing 737NG、Airbus A320neo

Boeing 757

現行機でなく、日本の航空会社が採用しなかったので馴染みが薄いが、Boeing 757 も隠れたヒット作と言える。Boeing 737 と同じサイズの胴体を長胴化して Boeing 767 の主翼とほぼ同スペックのエンジンを使うという一見、流用品を組み合わせた機体だが米国の国内線でサイズ的な使いやすさもあって合計1,050機が作られた。これは Boeing 767 の製造数にほぼ匹敵する。

最大で 280名という座席数にも関わらず、3-3配列のナローボディとした理由の一つにマンハッタンからアクセスの良いニューヨークのラガーディア空港がナローボディ機しか乗り入れを認めておらず、需要の多いラガーディア発着便で使える点が大きなセールスメリットだったと考えられる。

座席は 200~280名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Boeing 767

近頃は新型機 Boeing 787 の製造が進み、一世代前の機と感じられる Boeing 767 だが使いやすいサイズと経済性(燃費ではなく機材の販売額やメンテナンスコストなど)から世界各国の航空会社には人気がある。時代的に双発機の洋上飛行の制限も減ったために国際線でも使いやすくいまも最小サイズのワイドボディ機として活躍している。

3-3配列のナローボディ機Boeing 757 より少し太いだけの胴体だがワイドボディとすることで 2-3-2配列を実現しており、これによって乗客から人気がないミドルマン席(窓にも通路にも面して居ない座席)が割合的に減る。

座席は 281~375名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 5.03m
主なライバル機 Boeing 787、Airbus A330

Boeing 787

Boeing 767 の実質的な後継機。Boeing 757 の直接的な後継機は作られてないのでワイドボディ機である点が異なるが後継機とも言える。

複合材を多用した軽いボディ、効率の良いエンジン、最新の空力解析などを使ったことで非常に燃費の良い機体になった。しかし発注数が多いために製造が間に合わず、旧来機の 767 も並行して受注、生産を続けている。

座席は 3-3-3配列、もしくは 2-4-2配列で 210~330名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 5.74m
主なライバル機 Boeing 767、Airbus A330

Airbus A330

Boeing 767 の同規模ライバル機がエアバス A330 になる。ワイドボディ、2-4-2配列の座席を備え、経済性に優れている。胴体サイズは先代A300 と同じで長胴化することで座席数を増やしている。また後述 Airbus A340 は胴体から主翼までほぼすべてを共有する機体で、外観からは A330 が双発機、A340 が 4発機という違いしかわからない。

座席は 2-4-2配列で 253~335名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 5.64m
主なライバル機 Boeing 767、Boeing 787

Airbus A340

双発機の Airbus A330 を 4発機にしたのが Airbus A340 だ。いまでは双発機でも洋上飛行の制限は少ないが、開発が始まった当初は双発機の洋上飛行制限があり、国際線では 3発機や 4発機の需要があった。A340 はまったく新しく開発するのではなく、A300 をベースとして双発機の A330 とほぼすべてを共有することで開発コストを抑えた。A330 ほどセールスは無かったが A340 でしか営業できない路線などもあってヨーロッパの航空会社で採用するところが多かった。

座席は 239~440名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 5.64m
主なライバル機 Ilyushin Il-96

Ilyushin Il-96

Airbus A340 に匹敵するロシア機がイリユーシン Il-96 である。非常に幅の広いワイドボディに 4発ターボファンエンジンを搭載し、モノクラスであれば A340 を超える 435名分の座席を搭載できる。エンジンは Tupolev Tu-204 とほぼ同じ仕様のものを 2倍の 4発搭載している。セールスに失敗し、30機弱を製造した時点で旅客型の受注は終了した。

座席は 2-4-2配列で 235~435名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 6.08m
主なライバル機 Airbus A340

Boeing 777

座席は 300~550名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 6.19m
主なライバル機 Airbus A350XWB

Airbus A350XWB

座席は 270~412名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 5.96m
主なライバル機 Boeing B777

Boeing 747

座席は 416~467名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 6.49m
主なライバル機 Airbus A380

Airbus A380

座席は約400~853名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 6.58m
主なライバル機 Boeing 747

EMBRAER E-Jet

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Mitsubishi MRJ

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Bombardier CRJ

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Bombardier C

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Sukhoi Superjet 100

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

COMAC ARJ21

座席は ~名。

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

Bombardier Q400

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他(主翼付近)
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

ATR42 / ATR72

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他(主翼付近)
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼
胴体最大幅 2.57m(客室内幅)

Ilyushin Il-114

ボディ ナローボディ / ワイドボディ
エンジン 高バイパスターボファン / ターボジェット / ターボプロップ / その他
単発 / 双発 / 3発 / 4発 / その他
主翼下 / 胴体後部 / その他(主翼付近)
主翼 低翼・後退翼 / 低翼・直線翼 / 高翼・後退翼 / 低翼・直線翼

de Havilland Canada DHC-6

de Havilland Canada DHC-2